読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的 本まとめ

自己の脳内シナプス伝達強度増加させるべく、読んだ書籍の内容をアウトプット。読む目的を設定し、その目的に沿った部分を抽出して紹介します。かなり内容をすっ飛ばしているので、気になったセンテンスを見つけたら、ぜひ本を手にとってみてください。目標ペースは1冊/Week。

非常識なfacebook活用術

前回に続き、SNSマーケティング関連の本。
運営・支援する数々のfacebookページのファンの獲得に大成功し、自らをBuzzProducetと名乗る著者のハウツー本です。

 

本まとめ

▶第1章 大ブレイク前夜のfacebook いま始めないともう手遅れに

  • 今、クリティカルマスを迎えようとしているfacebookも同じように、5000万人になって大メディアとなれば広告をだす企業・人が増えてきます。
  • そのとき既に、1万人のファン・お客さんがいる人と、0の人では、圧倒的な差になってしまいます。
  • 5000万人に到達するのは、そう遠い未来ではないでしょう。
  • そのときのために、今facebookでやっておくことは、ただ1点、ファンの集合。今のうちにファン集めを済ませておくことです。
  • それが、ユーザー数が爆発的に増えたときに、歴然とした差となって集客や売上に反映します。
  • PPC広告が日本で導入されたとき、すぐに取り組んだ人は市場を独占し、巨万の富を築いた人が多く現れた。それに対して「稼げるなら」と後から参加した人は、少しの利益しか得られなかったのです。
▶第2章 私がfacebookで短期間に大成功できな秘密を大公開!
  • 診断アプリには日本人が喜びやすい心理テストや占い要素があり、面白さや新鮮さ、ワクワク感があった
  • だから今後もこうしたテクニックは診断アプリである必要はありません。口コミが起きるような仕組みを意図的に起こせれば、必ずしもアプリを作る必要はない
  • どんどんコメントされたりシェアされるような共感や驚きを与える記事を投稿しても同じようなことが起こせるので、口コミを起こすことにアイデアを絞るようにする
▶第3章 誰も知らない完全放置 facebook集客法
  • 最初に使ってみたのは、私自信がfacebook自体の使い方を動画で教えるサイト。コンテンツ自体の使い方を動画で教えるサイト。コンテンツ自体には自信がありました。このページの右側には「いいね!」を押すためのボタンを設置。これがソーシャルプラグインというものです。
  • これによって、サイト訪問者がfacebookに「いいね!」投稿をしてくれ、情報のバイラルを起こします。
  • どこにもないfacebookの3つの集客手法
    • プラグインを使ったホームページ連動の集客方法。
    • パーソナルマッチという個人情報を上手く使った集客方法
    • 口コミ集客方法
  • OGP設定
    • ソーシャルプラグインを設置する際の注意点として、オープングラフプロトコル(OGP)という設定を必ずしてください。コレを設定するのとしないのでは、圧倒的な効果の違いが生まれるのですが、実はやっている人が非常に少ないのです。
    • OGPの設定なしでソーシャルプラグインだけの場合どうなるか。
      • ホームページ上の「いいね!」ボタンをクリックしてもらうことで、「いいね!」の数は増えますが、拡散しないのです。
      • OGP設定までちゃんとしてあると、「いいね!」をしてくれた人の友達のニュースフィードに表示されるようになるのです。
      • 普通の商品販売のECサイトであったり、会社のコーポレートページ等、いろいろな形態がありますが、すでに一定数のアクセスがあるならば、プラグイン+OGPという2つの設定は絶対にやったほうがいい。
  • パーソナルマッチ集客
    • facebookでは、パーソナルマッチといって、個人の属性に限りなく合わせた訴求をすることが可能です。例えば性別、年齢、住んでいる地域、職業、趣味、繋がりなどの登録データに応じて広告を配信できるのです。
    • パーソナルマッチの例でいうと、例えば現在私は32歳なのですが、32歳で既婚者へ向けた広告というものも出せます。
    • 例えば、指輪など「奥さんにこんなプレゼントどうですか」といった広告を、どんぴしゃで出すこともできます。未婚男性だったら、婚活サービスやお見合いパーティの情報を出すこともできます。これがパーソナルマッチ集客のメリットです。これを検索エンジンを使った集客のようにやると、32際の男性向け商品を女性に対しても表示されてしまうので意味が無いのです。
  • facebookページ集客のメリット
    • 「いいね!」を押すだけで繋がる
    • 個人と同じ情報発信
      • facebook内のインサイトという機能を使えば、投稿が何人の人に見られたかなどの数字を細かく見ることが出来る
      • ファン数が多いとテストの精度も上がる
      • 個人アカウントだと、友だちの数は5,000人という上限があります。それがfacebookページの場合は、ファンが何万人だろうと関係なく多くの人に発信できる
    • 広告が使える
      • facebook広告というのは、大きく分けて3種類の出し方があります。
        • 全ユーザーに向けての広告
        • facebookページのファンに向けての広告
        • facebookページのファンの友達への広告
      • キャンペーン等の記事を強制的に表示させることができるので非常に反応が取りやすい →これがFB広告のいちばん大きなメリット。
      • ファンとファンの友達までに対する広告費は全ユーザー向けの広告よりも格段に安くなります。
      • 課金の方式
        • 1クリック=〇〇円
        • 表示された回数で払うインプレッション方式
      • ファンとファンの友達に広告する場合は、ワンクリックいくらの広告よりも、インプレッション、要は表示された回数で広告するほうがひよ対効果が良くなるという特徴があります。なぜかというと、FBページの投稿を広告すると仕組み上、ファンの友達に対しては「〇〇さんが『いいね!』と言っています」というオススメ記事としてニュースフィードのところに出るからです。
      • 人は広告よりも人のオススメを信用します。
      • ファンがおおいFBページの方が圧倒的に優位な広告を出すことができます。FBで今のうちにファンを集めておくことが美味しい理由がおわかりいただけましたか?
    • 開封された状態で情報が届く
      • メールマガジンだとそうはいかない
      • 画像にメッセージをのせて、画像投稿にする
    • スマホへの情報リーチが簡単にできる
      • 形態アドレスは変更が簡単なため、1年で約40%以上のユーザがメールアドレスを帰ると言われている。せっかく取得してもすぐに使われなくなる可能性があるわけです。
      • ところが、FBの場合は違う。アカウントが変わることはまずない。メアドもなかなか変えません。
      • FBはスマートフォンとの相性がいい
    • ホームページの信用度を自動的に上げることが出来る
      • 「いいね!」をしている人のプロフィール写真をズラーッと表示できるのです。それもソーシャルプラグインを使えば、完全に自動でできます。
▶第4章 Facebook戦略の本質 口コミを起こす極意とは
  • NAVERまとめ」
    • 話題性のあるもの、共感を呼びやすそうな情報が数多くまとめられています。
    • このサイトのランキング上位に入っている記事を見れば、どのような内容が共感を呼ぶのかが分かるので、記事を書きやすくなります。
  • 意図的な口コミ例 その2 携帯電話の普及
    • 携帯電話戦略
      • 最初に行ったのは、携帯電話の代理店を募集することでした。この代理店というのは、今でいうアフィリエーターさんのような存在。
  • 口コミが起きる6つの大事なポイント
    1. 共感
    2. 自慢
    3. 初めての体験
    4. 驚き(びっくり)
    5. 問いかけ
    6. Facebookでの仕掛け
  • 4の驚きは、直近のニュースなどでインパクトがあるものでもよいですね。例えば、「ワールドカップが日本開催に決まりまりました!」など、そういうニュースをFacebookで投稿。しならない人は、びっくりします。「ええ、決まったの?」と。そこで「いいね!」が押されます。そして拡散が始まる。
  • すべてのページはFacebookでの口コミに利用する、と言う気持ちでいる。
  • 「いいね!」をしてもらうためにやるべき3つのこと
    • お願いをする
      • お願いごととしては、最小単位ですね。だから、はっきりお願いして、相手にきっかけを与えれば、「いいね!」を押して貰える確率はそれだけで高くなるのです。
    • いいねボタンを押しやすい場所に設置する
  • コメントをもらうためには、問いかけをする
  • プレゼントを用意する
▶第5章 集客増幅ツール ソーシャルプラグイン+OGP設定 完全指南
  • ソーシャルプラグイン設定のしかた
    • デベロッパー登録
    • AppIDの取得
    • 「いいね!」ボタンのプラグインタグ発行
    • コメントのプラグインタグ発行
▶第6章 あり得ないほど優良なお客を集める パーソナルマッチとは?
  • facebookページに関する広告
    • ファン増加のための広告:facebookページへ「いいね!」をしてもらう広告です。
      • タイムラインに広告がでる。しかも、「友達の〇〇さんと〇〇さんが、『いいね!』と言っています」という形で表示される
      • 情報の信用度がすごく高い。
    • 記事広告
      • facebookページのファンになっていない人:タイムラインの右側の部分にでる
      • ファンになっている人とファンの友達にたいしては、ニュースフィードに出すことができる。
        • 右側の欄に表示されるよりも効果が高い。ニュースフィードに表示される方がクリック率が何十倍の高さになる。
      • ポイント
        • 記事投稿は画像を使ったほうが注目を集めるのだが、画像にテキストを入れて投稿する際には、テキストのボリュームを画像全体の20%以内のサイズに収める必要があります。
    • プロモートポスト
      • ファンとその友達のニュースフィードに強制的に広告を出す
▶第7章 ファンが激増するfacebookページの作り方
  • ①個人のアカウントからファンを集める
    • FBページに投稿したら自分のアカウントで「シェアする」ことを繰り返す。
    • お金をかけないFBページのファンの集め方
  • ②友達を招待する
    • 最初の段階でファンを100〜200人と増やせば増やすほど、後からfacebook広告でファンを増やすときにも、費用対効果が良い状態でスタートできます。
  • ③記事で集める
    • 投稿記事で集める方法
    • FBに「いいね!」がされやすい記事、シェアされやすい記事を投稿していく。
    • 記事がシェアされるのは強力
  • ④FB広告でファンを集める
    • ①〜③をある程度実践してから広告を使うようにする。すると、費用対効果がよくなる。
    • 特に反応が良かった記事があれば、その記事事態を広告する。
    • もともと反応が出る記事なので、広告するとものすごい勢いで「いいね!」とシェアの数が増える。
  • ポイント1 ファンにとって有益な情報発信をすること
  • ポイント2 関係性を深める投稿を繰り返すこと
    • 関係性を深めるために、記事内で問いかけをする、もしくは共感や驚きを与えるような記事を書く
    • 感動を与えるような記事を投稿
      • そうした記事の最後にURLを入れておき、実査に売り上げるサイトなどへ誘導する
  • ポイント3 インパクトのある画像の投稿
    • たとえば同じ人を画像加工で3人いるようにする
    • インパクト重視の画像で目を引く事が重要
  • 実際に登録ページに何人来たのかというクリック数をカウント、反応のいいものをずっと記事広告で回しつづけるのが、FBページから売り上げるための広告のやり方になる。
  • 実際の日々の作業としては、FBページを売り上げに繋げるまでには、FBページヘのファン集客・記事を育てて関係性を深めること・販売ページヘの誘導、これらすべてを同時進行でやっていく
  • FBページにファンを集めながら、誘導する記事も広告を出し続けると「いいね!」が増え続ける。記事の「いいね!」が増えると信用度も上がります。
  • すべてを同時進行でやり続けることで相乗効果が生まれ、最終目的の販売〜売上に繋ぎやすくなります。
  • ファンが増えれば増えるほど、記事広告の効果が高まり、販売ページへの誘導記事を見てくれる人が増えます。さらにファンの友達も巻き込んでいきます。
▶あとがき
  • 人は今、マス媒体が発する情報や広告や、Google検索エンジンのランキングよりも、ソーシャル・ネットワーク内での商品やサービスの評価を気にするようになりました。広告を信用すると言う人は、消費者のたったの14%しかいないのに、友達の薦めを信用するという人は78%も存在します。